VOICE OF GRADUATES

卒業生の声

美容業界の第一線で活躍するKOKUSAI生の卒業生たち。
KOKUSAIで学んだことが今にどう繋がっているかメッセージを届けてくれました。

エステティシャン サローネファミリア 店長

林 佳那子さん

佐賀東高校出身(佐賀県)

エステの本当の素晴らしさ、喜びを感じてもらいたいです。

現在の仕事内容を教えてください。

エステティシャンとして、また店長としてサロンの教育・技術指導を担当しています。スタッフみんなが仕事しやすいように、DVDでのマニュアル作成や統一化など、わかりやすい仕組み作りにも力を入れています。

仕事にやりがいを感じるのはどんな時ですか?

お客様の肌改善で結果を出して喜んでもらえたときです。悩まれていたトラブル肌が改善して、「ファミリアに出会えて良かった」「あなたに担当してもらえて良かった」と喜んでいただけた時に、エステティシャンであることの幸せとやりがいを感じます。

どんな人が向いている仕事ですか?

人のために考え、心から寄り添ってあげられる方は絶対に向いていると思います。お客様と向き合い、常に相手の立場に100%立って考えることが大切です。

これからの目標は?

私の目標は生涯エステティシャンです。エステを極めると決めた目標を、生涯追求し続けたい、そして、結婚や女性としての人生も、エステティシャンとしての人生も両方充実させたいです。

これからエステ業界を志す人へ

エステティシャンはとても奥深い素敵な仕事です。常にお客様のことを考え、喜んでもらえる方法を全力で考えます。肌と肌が触れ合う、一番近い関係だからこそ、心から向き合うことが大切です。ぜひ、あなたもえすての本当の素晴らしさ、喜びを感じてください。

刮痧セラピスト 古代刮痧サロン 祝卵 オーナー

クネジェヴィッチ いづみさん

鵬翔高校出身(宮崎県)

心と体の健康を極めていく、進む価値のある道だと思います。

現在の仕事内容を教えてください。

刮痧(かっさ)療法を取り入れたデトックスサロン「祝卵(シュクラン)」を経営しています。身体に現れる症状は、何かしら心ともリンクしているので、様々な状態のお客様がいる中で、その気持をできる限りくみとり寄り添えるように心掛けています。

仕事にやりがいを感じるのはどんな時ですか?

幼い頃からアトピーやアレルギー、喘息があり、肌質の悩みも多かったので、自分自身の肌改善がこの道を選んだ元々の目的でした。今はメンテナンスを受けて「心身が軽くなった」「楽になった」と反応いただけることが一番嬉しく、やりがいを感じます。私たちが生きていく中で切り離せない、心と体に携わるこの仕事は、お客様と同時に自分自身の心身も見直すきっかけになる、素敵な職業だと思います。

どんな人が向いている仕事ですか?

人の心、身体に興味がある、人と接することが好きな人に向いていると思います。お客様の改善をお手伝いする仕事なので、自分自身がポジティブ(元気)を保つことがとても重要です。ネガティブになったときでも、どうポジティブに転換するか、自身と向き合って自己メンテナンスをすることが、お客様と向き合うために大切だと思います。

これからエステ業界を志す人へ

美や健康の概念は時代や国によっても様々ですが、自分らしく美しく健康でいることを極めていくこと業界は、進む価値のある道だと思いますよ。

DEOARTMENT

COURSE
エステティック

エステティック

01
ネイル

ネイル

02
メイク

メイク

03

〒815-0033
福岡県福岡市南区大橋2-25-3